人がメイタと呼ぼうが自分が釣れば全てチヌ。足裏サイズでも酒が入れば50㎝!そんなわがままな釣り師以外見ちゃダメ!

IMGP3473.jpg
【響沖波止】

4月29日(火)朝4時過ぎに起床し釣りの準備を済ませ5時半に響沖波止に到着した。

余裕で来たつもりだったがなんと駐車場はいっぱい・・・。

どうして?

朝日を見ながらテトラを歩いているとすぐに答えがわかった。

すごい数のエギンガーだ。

時期とブームが重なるとさすがにすごいな!

久しぶりにチヌの魚信を体感しようと気合を入れて来たのだが・・・

[チヌは我を見放したか!]の続きを読む
スポンサーサイト



勝生丸
【勝生丸】

前日からの低気圧の影響で出港が危ぶまれたが、何とか船が出るとのことで予定通り4月19日(土)夜中の12時過ぎに自宅を出発し1時に福岡市内の博多の師匠の自宅へ到着した。

既に師匠は釣り専用の高級車(?)日産キャラバンに荷物を積んでいるところだった。

同乗者のTさんと挨拶をかわし、自分の道具をキャラバンに積み込みいざ長崎県平戸の早福港に向かった。

平戸は以前宮之浦へ何度か磯釣りで釣行しているが、平戸大橋を渡ってから細い道を40キロ程走るためかなり遠く感じていた。

しかし今回は師匠が運転する高級車(??)キャラバンで快適(???)な道中となり、師匠の釣り談議で既に70オーバーのヒラメと5キロクラスのヒラマサが爆釣し、イグロの54リッタークーラーしか持っていない私は釣った魚をどうやって持って帰るかを真剣に考えたりしていた。(バカ!)

そんなこんなで、遠さを感じることもなくあっと言う間に4時半頃早福港に到着した。

[長崎県平戸沖で船釣り初挑戦!]の続きを読む

アネロン
【あなただけが頼りです・・・】

4月19日(土)に博多の師匠さんと長崎県平戸へ船釣りに行ってきます。

イカの泳がせ釣りででっかいヒラメと青物を狙います。

しかし以前このブログでも紹介しましたが、私・・・はっきり言って・・・船がダメなんです。

宗像の沖ノ島へ行くのに高速瀬渡船で60分が耐えられず、いつもマーライオンに変身しトイレの便器と抱き合っていた。

あれから数年・・・何を血迷ったか船釣りをすることになるとは。。。

まんまと博多の師匠の口車に乗せられ、高い道具まで揃えてしまった。(笑)

これですぐに船釣りを辞めてしまえば博多の師匠の思う壷だ。

人の弱みに付け込んで半値の6掛けなどと恐ろしい査定をし、「道具を下取りしようか?」などと話をしてくるに違いない。

そこで今回は絶対に効く!?(たぶんね!)酔い止め薬を準備した。

その名はエスエス製薬の「アネロン」。

はっきり言って、あなただけが頼りです!

釣果を期待あれ!

チヌ
【ん~立派なチヌだ!】

先週は響沖波止で乗っ込みチヌの数と型を期待しつつも、30センチ程のチヌ1枚の釣果で終わった。

2ヶ月半振りに竿が曲がったとは言え、全くの不完全燃焼だった。。。

ならば・・・いつものホームグラウンドである豊前宇島港でチヌの乗っ込みを痛いほど味わってやろうじゃないかと言うことで4月12日(土)に久しぶり(昨年末以来)に行ってきました。

[豊前宇島港でチヌ4枚!]の続きを読む

舞鶴公園
【舞鶴公園】

先日福岡市の舞鶴公園で花見をしてきました。ほぼ満開に近く昼間から大変な賑わいでした。

さてさてあちこちからチヌのノッコミの情報がある中、私にもようやく4月5日(土)に遅い春の知らせがやって来ました。

釣り場所はこの時期手堅く釣れる豊前宇島港へ行くか、全く未知数な響沖波止のどちらに行くか迷ったが、結局響沖波止へ行くことにした。

朝6時半。いつもの駐車場に着くが車が数台しかなくいやな感じがしたが、今回はオキアミ(1角)も準備しているので気合は十分だ。

荷物を担いでテトラの上をフラフラと歩いて15分やっとポイントへ到着した。

前回は漁師さんにポイントの海底をお掃除していただき見事に撃沈したのだが、3月いっぱいでナマコ漁も終わったのだろう、今回は漁船の姿は見かけなかった。
[響沖波止チヌ3分咲き!]の続きを読む