人がメイタと呼ぼうが自分が釣れば全てチヌ。足裏サイズでも酒が入れば50㎝!そんなわがままな釣り師以外見ちゃダメ!
 


久しぶりに長崎県平戸沖に落とし込み釣りに行ってきました。

落とし込み釣りとは、大型魚に対応したサビキ仕掛けに海中で生餌となるイワシやアジを掛け、そのまま海底まで落とし込んでいき、ヒラメや青物などを釣る釣り方です。

10月9日午前2時過ぎに自宅を出発。

午前3時に福岡市内の博多の師匠さん家に到着。師匠のボロバンに荷物を積み込み

平戸の早福港を目指してれっつらゴー! 


 
IMGP4864.jpg



出船時刻は午前6時。

しかし、師匠の余裕の運転で早福港に到着したのが午前6時10分。

みなさん、ご迷惑をおかけしました。(笑)

さっさと準備を済ませ7人を乗せた弘福丸が約30分遅れで出船。



IMGP4822.jpg 




阿値賀島を通り過ぎ、生月島や上五島の宇久島を遥か彼方に望む海域に到着。



IMGP4826.jpg 



本日は波も無く風も穏やかで絶好の船釣り日和でした。

当然船酔いも無く快適な船釣りができました!(笑)



IMGP4842.jpg




水深は約80m。80号のオモリを付けたサビキをドボンッ!と落とし込み

水深60m~70mでイワシを針に掛けます。


ブルブルブルっとイワシの感触を竿先で感じながら海底に落としアタリを待つ・・・

するとガツガツガツと竿先が振るえ次の瞬間竿先が海面に



グサッ!と一気に突き刺さる。



青物が掛かればすぐにハンドルを巻いて海底から引き離しファイトが始まる。

大型魚になるとハンドルをひと巻きもできずに海底の岩礁でハリスを切られバラスことが多くなる。

落とし込み釣りはこの大型魚との勝負がたまらない魅力です。



現在平戸沖ではメーター級のヒラマサや青物が釣れているらしく、

この日も20数隻もの遊漁船が出ていた。



IMGP4835.jpg 
IMGP4828.jpg 




そんな激戦地の中でも、我らの船は竿が曲がりっぱなしで、

すぐに生簀の中も良型の青物でいっぱいになった。



IMGP4836_20111010110913.jpg 




午後2時半過ぎに納竿とし帰港。

釣った魚は船長が一匹ずつ丁寧に神経絞めをしてくれ、

エラを切って血抜きをしクラーボックスへ。



IMGP4856.jpg 




この日の釣果は、ヒラマサ6本、ブリ36本、タイ2枚、ヨコワ(マグロの子)9本その他でした。



IMGP48721.jpg 




そしてこの日の大物は、97センチのヒラマサでした。



IMGP4858.jpg 
IMGP4855.jpg 




見事に釣り上げたのは、金貸しKちゃんでした。。。おめでとう!!



IMGP48741.jpg 




ちなみに私の釣果は、ブリ4本、ヨコワ1本でした!



IMGP4879.jpg 




ヒラマサは釣れませんでしたが落とし込み釣りの醍醐味を存分に味わえました。


sumail.jpg 


次回は玄界灘にヒラメを狙いに行きましょう!


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
お疲れ様でした。まだ腕が痛いです。(笑)
何時の間にかクーラーボックスにブリが1本増えてたので、配るの大変でしたよ!
船酔いも無くて本当に楽しい釣りでした。次回もヨロシクです!
2011/10/12(水) 06:23 | URL | 銀ワサ #-[ 編集]
お疲れ様でした。大漁すぎて配るの大変でしたね。私は食べるのも大変でしたが(笑)
次回からできすぎ君でお願いします!
博多の師匠??さんは毎度場所がうんぬんなどとおっしゃいますが、そもそも場所取り権無くすほど遅刻する心がけが問題なのでは?(笑い)
次回のひらめ釣りで師匠さんからねずみ男さんへみんなで追いやりましょう(爆)
2011/10/10(月) 23:30 | URL | kちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ginwasa50.blog100.fc2.com/tb.php/262-fc789b43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック