人がメイタと呼ぼうが自分が釣れば全てチヌ。足裏サイズでも酒が入れば50㎝!そんなわがままな釣り師以外見ちゃダメ!

響沖波止
【アジの泳がせ釣りでヒラメ狙い】


3度目の正直と言う言葉がありますが、響埋立地にアジの泳がせ釣りでヒラメ釣りに挑戦し今回が3度目の釣行となりました。

1度目は風車前のテトラからヒラメを狙い、フカセでチヌ1枚と泳がせ釣りでエソしか釣れず。

2度目は先週沖波止のテトラからサビキでアジを釣り、50センチのスズキ1枚の釣果だった。

そして、今回(11月10日)3度目の正直で待望のヒラメを釣ることができました。
それも私自身の釣りの歴史に新たな1ページを追加したほどの激闘と感動が繰り広げらた。

前日11月9日(金)は福岡市内で飲み事があり、自宅に帰ったのが夜12時頃で寝たのが1時前。疲れているはずなのに、朝5時に目が覚めた。(・・・かなり釣りバカ!)

11月10日(土)。朝5時半過ぎ何の迷いも無くヒラメ狙いに響埋立地に向かった・・・。

今朝の響沖波止は無風状態で波も無く最高の釣り日和。

前回はサビキでヒラメのエサのアジを釣ったが、やはりフカセの方がチヌも狙えるので今回はフカセでアジを釣ることにした。

今回も第1投目からコンスタントにアジが釣れ、順調にアジをキープしていく事が出来た。

さて、いつものように4号竿に5号の道糸を巻いた5000番のリールをセットし、2本針にアジを掛け遠投した。
しばらく手返しを繰り返すが、仕掛けを回収しても歯型もなくアジがそのままの状態で上がってくる。

それから数投目、竿先にコツンコツンと当たりがあり、竿を手持ちに切り替えてすぐにズルッズルッと引き、飲み込んだのか一気に走った・・・。

よっしゃ!来たバイ!

渾身の大アワセを喰らわすと・・・

ノッタ!!

いい感じで竿から魚信が腕に伝わってくる。
エソでないことを祈りながらリールを巻き寄せてくると・・・


ヒラメ
【待望のヒラメ(40センチ弱)】


平ぺったい魚影が見えてきた・・・

慎重に玉網に収め思わず・・・「よっしゃ!」っとガッツポーズ!

実寸で40センチ弱のヒラメだった。

それからしばらく・・・
前回釣れたカナトフグがアジと針を犠牲にして行った・・・。

そして歴史に残る出来事が私を襲った!

カナトフグに1本針を切られたので、しばらくそのまま残りの1本針をアジの上アゴに掛けて手返しを繰り返していた時・・・

コツンコツン!グググーとハッキリとした当たりがあったので、すぐに竿を手持ちに切り替えて構えているとゆっくりとした感じのまま竿が持って行かれた・・・

よっしゃ!また来たバイ!

と、渾身の大アワセを喰らわすと・・・

ノッタ!!

しかし、あれっ!・・・根掛かり!?

びくともしない・・・

するとすぐにものすごい力でグイグイと引っ張って行った。。。。

なんだこれは・・・ひょっとして・・・エイ・・・

敵はグイグイと引き続け4号竿も弓なり状態のまま、リールのレバーで道糸をコントロールしながら少しずつではあるがこちらに引き寄せていった。

とにかく敵がデカイという事だけは分かる・・・。

どのくらい時間が立ったかわからないが、敵もかなり抵抗し疲れて来たのだろう、じわじわとであるがこちらのペースでリールを巻き寄せることができるようになり、魚影が海底から浮かんで来た・・・。

デカッ!なんじゃこれは・・・!


ヒラメ
【激闘の末なんとか玉網へ・・・】


こいつを見たときの第一声であった。

玉網に入れろうとするが、私も興奮して手が震えているし50センチの玉網が小さ過ぎてこのモンスターが入らず、敵もバシャバシャと最後の力で抵抗しまた海中へ潜っていく・・・。

そして3度目になんとか玉網に収まった・・・。

収めたはいいが重いこと重いこと・・・。

先程釣った40センチのヒラメでも十分満足してしていたのに・・・
なんと70センチはある超大物をゲットしてしまった・・・。

とにかく・・・大満足なのである・・・

その後昼前から風と波が強くなり、昼過ぎに納竿とした。

荷物を最小限にして歩いてきた響沖波止。
4キロオーバーのヒラメを持っての帰りのテトラはかなりハードだった。

もちろんクーラーからもはみ出て収まらず、発砲スチロールの箱を買おうとポイントに寄ったが大きなサイズが無かった。

ついでにヒラメを持ち込んで検量してもらうと、釣ったときよりは絞めて血も抜いていたので少しは縮んだのだろう、69.5センチ、3.94キログラムという何とも微妙な数値だった。


本日の釣果
【本日の釣果】

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
大きいですね。すごく重そうです。
2011/01/07(金) 06:11 | URL | な #-[ 編集]
ありがとうございます。
大分の蒲江か・・・いいな~!
蒲江の深島は私のクロ釣りと石鯛釣りのホームグラウンドなんですよ!
最近ご無沙汰していますが・・・
年内には何とか行きたいなと思っています。
2007/11/24(土) 19:47 | URL | 銀ワサ #-[ 編集]
ありがとうございます。
まだしばらくアジが釣れると思いますのでガツンと狙ってください。
足場が悪いのでくれぐれもご注意を・・・!
本当はこの時期違う場所にも行きたいのですが、近場でこの釣果ですから・・・
完全にハマッています。(笑)
2007/11/24(土) 19:45 | URL | 銀ワサ #-[ 編集]
いい型やねぇ。テトラから釣ったサイズとしては大きい部類に入るね。うらやましいなぁv-504

明日あたり蒲江にでも釣りにいこうかなv-411


2007/11/23(金) 20:55 | URL | ココロの樹 #dLI1tQMs[ 編集]
すごいですね。
おめでとうございます。
僕も、北九州近辺で釣りを楽しむものとしていつもたのしく拝見させていただいています.僕も機会がありましたら今度挑戦してみたいと思います.
これからも頑張ってください.
楽しみにしています。
2007/11/22(木) 15:44 | URL | ryou #-[ 編集]
そうですね、今から北西の風が強く吹き出すと若松周辺は大変釣りづらくなりますよね!
今年はもうしばらくアジが釣れそうなので、響通いがつづくかも・・・。 
2007/11/16(金) 07:30 | URL | 銀ワサ #-[ 編集]
待望のヒラメゲットおめでとう御座います。70センチですか、写真を見ると流石にでかいですね。これから若松周辺は竿出し出来る日が限られるでしょうが、次なる大物を目指してください、楽しみにしています。
くれぐれも、テトラの歩行時は気をつけてください。
2007/11/15(木) 18:22 | URL | mitu #-[ 編集]
とうとうやりましたよ!
50センチのスカリを持って行っていたので、帰りまで生かしておき、40センチのバッカンに押し込んで(3分の1ははみ出ていた)帰りました。
丸テトラは遠い方からでしたが、響のテトラ周辺はどこからでもアジが釣れるので、ヒラメも何処からでも狙えると思いますよ!
2007/11/13(火) 06:46 | URL | 銀ワサ #-[ 編集]
ありがとうございます。
大激闘の末の大物で大変疲れましたが、家に持って帰ってからも狭い台所で大激闘でした。(笑)
冷蔵庫にはまだまだヒラメが場所を占領しており、我が家では当分ヒラメ料理が続きます。(笑)
2007/11/13(火) 06:43 | URL | 銀ワサ #-[ 編集]
すごすぎる。です。
うらやましい。
僕も読んでいて、何じゃこりゃ、と声が出ました。
どうやってテトラの上を持って帰ったのですか。
ちなみに、この丸テトラは、歩いて最初の丸テトラですか、遠いほうの丸テトラですか。
それにしても、よく釣られますね。
2007/11/12(月) 21:45 | URL | sibu #-[ 編集]
ちょくちょく見に来ていて、いつ大物が来るか楽しみにしていました(^^)でっかいヒラメおめでとうございます!!
2007/11/12(月) 21:41 | URL | うえ太郎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ginwasa50.blog100.fc2.com/tb.php/56-ff3ffa68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック